クレジットカード現金化は違法なのか?

クレジットカード現金化は違法なのか?

クレジットカードの現金化というのは、現金化を行う業者に関してはグレーゾーンとなっていて場合によっては摘発もされる可能性があるため違法といえます。

 

それでは利用する側はどうなのかというと、利用者側からすればこちらは摘発されたという事例はないため直ちに違法とされるものとはなっていません。しかし、合法であるかというとそれも微妙なラインとなっていて場合によっては横領罪に当たる可能性であったり、あるいは詐欺行為とあってしまう可能性はないわけではありません。

 

現実的には利用者側が法律違反で逮捕をされる可能性というのは、ほぼないと言えますから法的には問題がないといえますがクレジットカード会社からのペナルティを受ける可能性は非常に高いものとなっているので利用をしない事が重要となります。

 

それではなぜクレジットカードの現金化が問題となるのかというと、これは実質的に闇金を利用するのと変わりないものとなっていますから一時的にはお金を手に入れることができたとしても、そのご返済をするのが難しくなってしまい結局のところ最悪の事態となってしまうためです。

 

クレジットカードを現金化するのは規約違反には違いありませんから、発覚をすればカードの利用停止や退会処分、残債の一括返済の義務が発生するなど厳しいペナルティが課せられてしまうのでどれだけお金に苦しい状況であっても利用をしてはいけないのです。

 

業者側もあの手この手を使って違法とならないように工夫をしているため、簡単に違法と言い切れるものではなくなっているので法律的には利用をしても問題ないということもあるのですが、脱法行為にしかほかならずどちらにしても後から苦しい思いをすることになるため手を出さないほうが懸命な判断だといえます。

 

お金に困っている時というのは、なんとしてでも現金を作りたくなってクレジットカード現金化の誘惑に駆られてしまうこともあるでしょうが、後で苦しい思いをするだけであり法律的にもトラブルに巻き込まれる可能性はあるので避けなければなりません。