専業主婦が旦那にばれずキャッシングする方法

専業主婦が旦那にばれずキャッシングする方法

金融業者の中には、申請者本人に何らかの収入がないとキャッシングが認められないというケースがあります。

 

これは、貸金業法の中に総量規制というルールがあるためで、「収入の3分の1までしか貸付してはいけない」となっているからです。つまり、無職・無収入のキャッシングは不可ということです。この法律には、返済不可能な借金を防ぐという意味があります。

 

しかし、すべての金融業者がこの法律の対象ではなく、例外があります。それは銀行です。一般的に、消費者金融系の金融業者のほうが、簡単にお金を借りられるイメージがあるかもしれません。確かに、銀行系の審査のほうが厳しい場合があります。

 

消費者金融のほうは審査以前に融資を受けられるかどうかの条件の部分で、無職であると門前払いになってしまうのです。つまり、失業中の人はもちろん、自分の収入のない専業主婦は借り入れができないということになります。

 

ところが、銀行のほうは「世帯収入」を考慮します。世帯収入とは、同居している人の収入の合計額ということで、もし配偶者に収入があれば専業主婦でもキャッシングが認められることになっています。

 

中には「でも、旦那にはキャッシングすると知られたくないのよ」という専業主婦の方もいるかもしれません。この場合も、一定額以下であれば、夫の承諾なしにキャッシングを利用できるようになっています。小口融資や主婦ローンという商品があり、それらであれば配偶者に連絡が入ることなくお金を借りることができるというものです。

 

もし、すでに銀行に普通預金の口座があるのであれば、より簡単です。本人確認の書類を求められることもなく、銀行のWEBから、ごく簡単な申し込みをするだけでキャッシングが利用可能になる場合があります。ですので、すぐにお金が必要だけど、絶対に旦那にバレてはならないというときには、まずは取引している銀行に問いあわせてみることをおすすめします。