返済が滞ると怖い人が取り立てに来るって本当?

返済が滞ると怖い人が取り立てに来るって本当?

返済が滞ると怖い人が取り立てに来るのかというのは、嘘ではありませんが本当のこととはいえません。

 

お金を返すことが出来ない人にとっては、取り立てにくる人というのは誰でも怖く見えてしまいますからその点に関しては怖い人が来るというのは間違ってはいません。しかし、身の危険を感じるような危ない人が来るかというとそのようなことはなく、ごく普通の人が借金の催促に来るだけですから何かされるということはありません。

 

ただし、これはあくまでも普通の金融機関からお金を借りた場合の話であり、闇金などから借りた場合には事情が変わってきます。

 

一般の金融機関でしたら法律に則ってその範囲で、借金の催促をしてくるので身の危険を感じたり恐怖を味わうようなことをされるということはありませんが、闇金の場合には返済をすることができなければあらゆる手段を使ってでも回収をしてこようとします。

 

暴力に訴えるようなことをすれば、すぐに警察に捕まってしまいますからそのようなことはしないにしても精神的にとことん追いつめられるまで取り立てを行ってくるのでまともな人の神経では耐えることができないものとなります。

 

そのため、闇金などからお金を借りてしまったという場合には返済することができなかった時には、怖い人が取り立てにやってくるというのは十分に有り得る話となっています。そうでない場合には借りている側からすれば恐怖を感じることはあるかも知れませんが、取り立てにやってくる人もごく普通のサラリーマンですからそこまで恐れる必要はありません。

 

恐れる必要はないからといってただ返すことができないとなれば、相手も法律の範囲内で出来ることは何でもしてきますから闇金よりは厳しくないといっても適当な対応をすると辛い思いをしてしまうことになりますから注意をしましょう。

 

返済を出来無いのであれば返済できないなりに、方法がありますから法律相談所などを利用して話し合いをすることが大切です。